神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ『ガーデンカフェ』でハイティーを楽しみました。

今回は、地元・兵庫県応援の意味もこめまして神戸市は六甲アイランドという人口島にあるホテルである神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズというホテルにて、同ホテル内のテラスレストラン『ガーデンカフェ』にて実施されているハイティーをいただいてきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。




神戸・六甲アイランドは[PG]P&Gの日本本社がありました

神戸・六甲アイランドというと、関西圏にお住まいの方以外でその存在をご存知の方はほとんどいらっしゃらないと思います。島自体の知名度とは関係ないのですが、私の保有銘柄でいうと[PG]プロクター&ギャンブル(P&G)の日本本社がこの島内にあったんですよね。ただ、島内全体としては開発に失敗しているようにも見え、上の写真のような大都会に見える六甲アイランドは『うまく写真を撮ったな』という印象です。

神戸ベイシェラトン ハイティー TWGの紅茶

神戸ベイシェラトン ハイティー

それはともかくとしまして、今回は神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズのハイティーのご紹介です。普段は珈琲派の私ですが、ハイティーと言えばやはり『紅茶』でしょうと思いまして、今回は珍しく紅茶をチョイスしています。

紅茶の銘柄は、この業界では有名であると思われるシンガポールのTWGです。有名とはいえ、私はそれほど紅茶を飲む機会がなく、世界旅行に行くようになってラウンジでちょくちょく見かけた時にネットで調べて『TWGは超有名で美味しい紅茶だ』という知識を付けました。

神戸ベイシェラトン ハイティー パンチェッタをまとったスタイルブレッド

神戸ベイシェラトン ハイティー パンチェッタをまとったスタイルブレッド

神戸ベイシェラトン ハイティー フィンガーサイズのケーキやフルーツ

神戸ベイシェラトン ハイティー フィンガーサイズのケーキやフルーツ

:そして、こちらの2枚の写真の方がハイティーの紅茶以外のサービスです。ハイティーと言えば、一般的に何層かになった食器で出て来るというイメージですが、神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズの場合はこのようなお皿で提供されました。

味は本場イギリスやアフタヌーンティーの流行っている香港・シンガポールでいただくものよりも美味しいと思うのですが、やはり食器がハイティーらしいものの方がハイティーの雰囲気が出て良いのではないか?と思いました。ただ、お値段が1人1,500円(上の写真は2人分)と海外でいただくよりも半額〜3分の1くらいのお値段ですので、その事を思うとかなりお得感のあるサービスかなと思いました。

神戸ベイシェラトン ガーデンカフェ内部の雰囲気

神戸ベイシェラトン ガーデンカフェ内部の雰囲気

ということで、今回は地元・兵庫県応援企画として神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズで午後の時間帯に提供している1人1,500円のハイティーをご紹介しました。神戸の中心地からはバスで20分、大阪梅田にも最低30分はかかるという微妙な場所にあるホテルですが、ホテル自体はかなり良いホテルですし、空港やUSJからの直行バスもありますので、USJメインで楽しむという方にはオススメできるホテルなのかなと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

普段は高配当株式・株主優待関係のブログをメインに更新していますが、当ブログでは、メインブログから独立した内容として、旅行記をご紹介することにしたいと思います。国内・海外問わず色々な所に飛んでいきますが、特に地元兵庫県エリアの子連れお出かけに力を入れたいと思います。