特急ワイドビューしなののグリーン車で塩尻駅から名古屋駅へ。雄大な自然を楽しめます。(JR中央線・グリーン車で完全制覇その5)

ワイドビューしなのに乗車します

たっちゃんのJR中央線・グリーン車で完全制覇の旅第5回。今回も、前回の記事と同じく長野県塩尻市にあるJR中央線・塩尻駅から旅を再開することにしたいと思います。

今回は、特急『ワイドビューしなの6号』に乗車して、中央線のゴールである名古屋駅を目指します。ワイドビューしなの6号は10:03発の電車ですね。ここまで結構時間がかかったように思うのですが、旅のスタートが早かったのでまだ時間は午前9時台ですね。




塩尻駅から名古屋駅までワイドビューしなの6号で移動します

ワイドビューしなの6号 名古屋行き入線

ワイドビューしなの6号 名古屋行き入線

長野県内を計2時間走行します

ということで、しばらく待っていると『ワイドビューしなの6号 名古屋行き』が入線して来ました。この電車、始発は長野駅でありまして長野駅を9時に出発していますので、この時点で1時間強走っているという事になりますね。地図を見る限り長野県は広いというのは皆さんもお感じになる事だと思いますが、ここから先もまだまだ1時間程度長野県が続きます。

ワイドビューしなの6号 グリーン車車内

グリーン車車内

せっかくの大きい窓は進行方向逆向き

さて、特急ワイドビューしなののグリーン車車内に入って来ました。ワイドビューの特徴と言えば、前面のこの大きな窓ですよね。今回、中央西線の雄大な自然をこの大きな窓で楽しめる座席を指定したつもりだったのですが、なんとビックリ、この窓は今回は進行方向の後ろ向きだったのです。つまり、この窓で車窓を楽しもうと思うと中央線の旅は名古屋から出発する必要があったんですね。

ワイドビューしなの6号 グリーン車 椅子

ワイドビューしなの6号 グリーン車 椅子

車内が空いてて超快適でした

こちらが、特急ワイドビューしなのの座席です。椅子自体はグリーン車にしてはイマイチなのかもしれませんが、先日の記事で乗車した特急スーパーあずさよりはマシなような気がします。ただ、グリーン車の良さは椅子よりも『空いている』という事にあるのかもしれません。その面から考えると、今回のグリーン車は大満足でした。

ワイドビューしなの6号 道中の車窓

ワイドビューしなの6号 道中の車窓

寝覚の床は結局良くわからず!?

特に長野県内では雄大な自然が楽しめる中央西線。途中、車窓から寝覚の床という景勝地の車窓が楽しめると聞いていたので、頑張ってカメラを構えていたのですが正確な位置がわからないので、結局カメラにおさめる事は出来ませんでした。上の写真は雄大な自然ではあるのですが、寝覚の床という訳ではありません。寝覚の床を車内から見るのであれば、事前に地図でばっちりチェックしておくべきでしたね。

ということで、このワイドビューしなのに約2時間乗車して、電車は名古屋駅へと到着します。この旅の本線はここで終了、ということになるのですが、家に帰るまでが遠足ということで、鉄道旅行はもう少しだけ続きます。

たっちゃんのJR中央線・グリーン車で完全制覇の旅 前後の記事

JR中央線塩尻駅。本場信州の立ち食い蕎麦にまさかの構内ブドウ園。(JR中央線・グリーン車で完全制覇その4)

2017.02.25

名古屋駅の中で楽しめる名代きしめん住よしと台湾ラーメンの味仙をご紹介。(JR中央線・グリーン車で完全制覇その6)

2017.02.25

ABOUTこの記事をかいた人

普段は高配当株式・株主優待関係のブログをメインに更新していますが、当ブログでは、メインブログから独立した内容として、旅行記をご紹介することにしたいと思います。国内・海外問わず色々な所に飛んでいきますが、特に地元兵庫県エリアの子連れお出かけに力を入れたいと思います。