紅いもタルトで有名。お菓子御殿の国際通り松尾店でお土産&試食タイムです。(2017年2月沖縄旅行その14)

お菓子御殿松尾店 アイキャッチ画像

この記事は、2017年2月の子連れ沖縄旅行記の14回目の記事となります。前回の記事は、那覇市内の目抜き通りである国際通りの散歩を中心にご紹介しましたが、今回は国際通りの中にあり『紅いもタルト』で超有名なお店であるお菓子御殿の国際通り松尾店をご紹介することにしたいと思います。上の画像で表示しているのは、そのお菓子御殿の外観です。『御殿』という名前にふさわしい建物ですよね。




お菓子御殿 国際通り松尾店にやってきました

さて、国際通りを東側から散歩して、一番西側に近い場所にある『お菓子御殿 国際通り松尾店』にやってきました。最後にここでお買い物をして、ホテルに帰る事にしたいと思います。

巨大なタルトとシーサーです

お店の前には巨大タルトが

お店の前には巨大タルトとシーサーが

お店の前にはこんな感じで紅いもタルトとシーサーが設置してあります。今は夜なので記念写真を撮影することはありませんが、昼間にお店に来たならばここで記念撮影というのも良いかもしれませんね。

このお店はきちんと送料が表示してあります

県外へ送る時の送料は1,000円です

県外へ送る時の送料は1,000円だそうです

お菓子御殿は有名なお店ですので、全国発送の配達料金は一律で1,000円ですと表示してありますね。国際通りのお土産店では発送無料という罠がちょくちょくあるのですが、ここのお店は超有名店なのできちんと表示していますね。ただ、きちんと表示していないお店の方が結果的に送料は安いんですけどね。

国際通り散策。発送無料の罠や旧沖縄三越、有名な花笠食堂などをご紹介です。(2017年2月沖縄旅行その13)

2017.03.14

メイン商品の紅いもタルトは山積みです

紅いもタルト

やはり紅いもタルトは欠かせませんよね

さて、お菓子御殿といえば沖縄旅行に行った事ない方でも『紅いもタルト』の事をご存知だという方はいらっしゃるのではないかと思います。おそらく、このお店でお土産を買う多くの方が購入されるのではないかというこの商品。当然ながら山積みとなっていますね。

お店の奥の方で作っています

出来立ても食べられます

その場か2階レストランで出来立ても食べられます

このお店で販売している紅いもタルトは、工場から運んで来ているのではなくお店の奥の方で作っているものもあるのです。国際通りの大都会の真ん中なのに、こんな感じで結構な機械を搬入してお店の中で生産しているようなんですよね。今回は、時間の関係で既に生産は行っていませんでしたが、昼間にここにやってくれば作っている様子を見られるのではないかと思います。

色々なお菓子が食べてみたいという方は

バラでも買えます

色々なお菓子が1個からのバラでも買えます

せっかくのお菓子御殿なので、色々なお菓子が食べてみたいという方も中にはいらっしゃるでしょう。そういう方向けなのか、こんな感じで1個からのバラ売りも行ってくれているそうです。以前のように1人旅が通常だった私の場合は、こんな感じで1個で販売してくれる方がうれしいですね。

その場で食べられるケーキコーナーもあります

生菓子もあります

モンブラン風の紅芋ケーキもあります

お店の奥の方には、その場で食べられるイートインコーナーもあります。手前のピーチフロマージュのように普通の商品もありますし、紅いもモンブランのようないかにもお菓子御殿らしい商品もあります。今回は夕食後でさらに試食をいただきまくってしまったということもあり、ここで食べるだけの腹の余裕がありませんでしたが、デザートは別腹だという方であれば、ここでデザートタイムというのも良いのかもしれませんね。

お菓子御殿 国際通り松尾店 ここにあります

2017年2月沖縄旅行記 前後の記事

国際通り散策。発送無料の罠や旧沖縄三越、有名な花笠食堂などをご紹介です。(2017年2月沖縄旅行その13)

2017.03.14

那覇市内の高級ホテルリーガロイヤルグラン沖縄のお部屋とアメニティーをご紹介です(2017年2月沖縄旅行その15)

2017.03.17

ABOUTこの記事をかいた人

普段は高配当株式・株主優待関係のブログをメインに更新していますが、当ブログでは、メインブログから独立した内容として、旅行記をご紹介することにしたいと思います。国内・海外問わず色々な所に飛んでいきますが、特に地元兵庫県エリアの子連れお出かけに力を入れたいと思います。