那覇空港国内線ターミナルビル1階 授乳室でオムツ替えしました。(2017年2月沖縄旅行その4)

那覇空港駅の様子

この記事は、2017年2月の子連れ沖縄旅行記の4回目の記事となります。那覇空港に到着した後のランチタイムとして、空港内では人気の名店である空港食堂をご紹介しましたが、今回は、空港食堂でランチを食べた後で子供のオムツを替えないといけないと思いまして、空港内にある授乳室兼オムツ替えルームを利用しましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。




那覇空港国内線ターミナル1階 授乳室にやってきました

さて、今回の記事でご紹介する那覇空港国内線ターミナルビル1階の授乳室は、那覇空港ターミナルビル1階の一番左端の方にあります。手荷物を受け取って出口から出て来た場合を考えると、右側の方に進めば良いと言うわけですね。

個人的にはここでオムツ替えをするのがお勧めです
那覇空港は大規模な空港だけあって、オムツ替えを出来る場所はいくつもあるのですが、多くの方が飛行機から降りるとスグにオムツを替えなければ・・と思うためか、手荷物を受け取るまでの間にあるオムツ替えエリアは非常に混雑する傾向にあるようです。もし、子供が我慢できるようであれば、荷物を受け取ったあとにこの場所でオムツ替えを行うのが比較的空いていると思います。

那覇空港 授乳室 授乳エリア

授乳エリア

お部屋自体は男性も入れますが、授乳エリアはさすがに男子禁制です

では、ここから那覇空港国内線ターミナルビル1階の授乳室の写真をいくつかご紹介することにしたいと思います。なお、今回は我が家だけしか利用者がいなかったため、写真撮影を行えています。上記の画像は、授乳エリアですね。手前が授乳をするお母さん用の結構しっかりとした椅子、奥の方に小さい子供が座る場所があるという事は、最大で2名の子供がいるかもしれないということを想定しているのでしょうか。

那覇空港 授乳室 ミルク調乳機

定番の調乳機

こちらも授乳室には定番の設備ですね

こちらも、授乳室の設備としては定番のミルク調乳用の機械です。我が家はもうミルクを調乳して飲む年齢ではなくなりましたので、今の所使う必要はありませんが、第2子が産まれればまた役に立つ設備になりそうですね。

那覇空港 授乳室 オムツ専用ゴミ箱

オムツ専用ゴミ箱

子育てをするようになって初めて知った商品です

さて、こちらは子育てをするようになってはじめてその存在をしったオムツ専用のゴミ箱です。オムツというとどうしてもある程度の臭いがしてしまうもの。このオムツ専用のゴミ箱だと、内部が密封されるようになっているので、臭いがあまり外に出ないという利点があるんですよね。さすがに自宅ではここまでのゴミ箱は導入していませんが、手動のこういうタイプのゴミ箱を使っています。

那覇空港 授乳室 オムツ替え用ベッド

オムツ替えベッド

伊丹空港と違ってベッドは2つありますね

そして、こちらが我が家の子でも現役で活躍するオムツ替え用のベッドです。子供が小さかった頃とちがって、今はおとなしくこのベッドに転がってくれないという難点はあるのですが、それは子供の事なので致し方ないですよね。毎度毎度苦戦しながらオムツ替えを行っています。なお、伊丹空港ではオムツ替え用のベッドは1個だったのですが、ここでは2つ準備されていますね。

伊丹空港ターミナルビル2階で子供のオムツを替えるために授乳室を利用しました。

2017.02.26

2017年2月沖縄旅行記 前後の記事

沖縄の家庭料理が楽しめる名店。那覇空港1階の空港食堂でランチです。(2017年2月沖縄旅行その3)

2017.03.01

ゆいレール那覇空港駅でオトクなフリー乗車券の2日間乗車券を購入(2017年2月沖縄旅行その5)

2017.03.04

ABOUTこの記事をかいた人

普段は高配当株式・株主優待関係のブログをメインに更新していますが、当ブログでは、メインブログから独立した内容として、旅行記をご紹介することにしたいと思います。国内・海外問わず色々な所に飛んでいきますが、特に地元兵庫県エリアの子連れお出かけに力を入れたいと思います。