地元沖縄県産の素材を使った沖縄そばが自慢。金月そば読谷店でランチタイムです。(2017年2月沖縄旅行その18)

金月そばアイキャッチ画像

この記事は、2017年2月の子連れ沖縄旅行記の18回目の記事となります。前回の記事では、ゆいレールのおもろまち駅に直結している免税店の『Tギャラリア』にて、レンタカーを借りた所までをご紹介しました。今回は、そのレンタカーに乗って一気に距離を移動します。今回の目的地は沖縄本島中部の読谷村にある金月そば(きんちちそば)というお店です。




金月そば読谷店にやってきました

今回の記事では、沖縄そばの名店である金月そば(キンチチそば)をご紹介したいと思います。実は、このお店は過去に訪れた事がありますので、今回は別のお店にしようかなと思ったのですが、過去の記憶をたどってこのお店に早めに入れば『靴を脱いで上がるテーブル席』で子供と一緒に食事をできると思いまして、このお店をチョイスしました。到着時間は11:30頃でしたが、まだお客さんはほとんどおらず、予定通りその席で食事をすることができました。

お店の名前とおなじ 金月そばです

金月そば

麺・スープ・具材ともに自家製のものを使っています

さて、こちらが今回のランチタイムにいただいた『金月そば(780円)』です。お店の名前と同じ商品ですし、一番気合いが入っている商品なんでしょうね。同店の沖縄そばの魅力は、やはり自家製の麺にあると思います。一般的な沖縄そばとは少し違った味わいだと思いますが、これはこれでかなり美味しいと思いますね。家の近所にあれば、週に1回は食べに行っていることでしょう。

軟骨あぶりソーキが別に提供されます

軟骨あぶりソーキ

軟骨あぶりソーキ。別皿で提供です。

そして、金月そばは軟骨あぶりソーキが別皿でこんな感じで提供されます。別皿で提供されるという事は、お蕎麦とは別に食べるものかな?と思ったのですが、蕎麦に入れて食べるのと別々に食べるのとどちらが正解なんでしょうね?今回は、お蕎麦に入れないまま別々に楽しみました。

子供のために頼んだジューシーです

ジューシー

お値段は200円とお手頃です

最後にご紹介するのは単品価格200円のジューシーです。こちらは、自分が食べるためというよりは、うちの子供のために注文したものです・・というはずだったのですが、結局うちの子はそばの方がほしいと言い出しまして、最終的にはこのジューシーはほとんど自分が食べる事となってしまいました。蕎麦を子供に取られるなら、最初から大きいサイズのお蕎麦を注文しておくべきでしたね。

金月そば読谷店 ここにあります

2017年2月沖縄旅行記 前後の記事

新都心おもろまちにある免税店、Tギャラリア沖縄でお買い物をしつつレンタカーを借ります(2017年2月沖縄旅行その17)

2017.03.19

亜熱帯の森のジャングルクルーズが楽しめます。ビオスの丘・湖水鑑賞舟を利用しました。(2017年2月沖縄旅行その19)

2017.03.21

ABOUTこの記事をかいた人

普段は高配当株式・株主優待関係のブログをメインに更新していますが、当ブログでは、メインブログから独立した内容として、旅行記をご紹介することにしたいと思います。国内・海外問わず色々な所に飛んでいきますが、特に地元兵庫県エリアの子連れお出かけに力を入れたいと思います。