ジャッキーステーキハウスでステーキ・ハンバーグや謎のメキシカンランチのディナーです。(2017年2月沖縄旅行その12)

ジャッキーステーキハウスアイキャッチ

この記事は、2017年2月の子連れ沖縄旅行記の12回目の記事となります。前回の記事までは、数回に渡って首里城の観光についてご紹介してきましたが、今回の記事ではがらっと内容が変わりまして、那覇市内の有名ステーキ店である『ジャッキーステーキハウス』という所でいただいた夕食の様子をご紹介することにしたいと思います。




ジャッキーステーキハウスにやってきました

ジャッキーステーキハウス外観

1953年から営業している歴史のあるお店です。

さて、今回は沖縄都市モノレールの旭橋駅から歩いて8分くらいの所にあり、今回宿泊しているホテルからも歩いて10分強の所にあるレストランである『ジャッキーステーキハウス』にて夕食を食べる事にしました。首里城の観光から時間調整をするのが面倒だったので、今回は午後5時頃にやって来たのですが、既に待ちが発生していました。何でもない平日の午後5時で待ちになってしまうとは思いませんでしたね。

壁一面有名人のサインだらけです

ジャッキーステーキハウス サインの山

この部分だけではなく、お店の壁一面にサインがあります。

私がブログでご紹介するまでもなく超有名店であると思われる『ジャッキーステーキハウス』。当然ながら、テレビの取材なども定期的に入るお店だからか、こんな感じで壁一面有名人のサインだらけとなっています。私はあまり芸能人に詳しくないので、結構知らない人も多かったのですが、うちの家族によればそれなりに有名な人のサインが多いそうですね。

ほとんどのメニューについてくるスープ

スープ

ほとんどのメニューにスープが付いています

ほとんどのメニューについてくるサラダ

ほとんどのメニューに付いてくるサラダ

ほとんどのメニューについてくるサラダ

ほとんどの方がここのお店で頼むと思われるお肉系のメニューにはほとんどの場合でスープとサラダがセットとなっています。ただ、今回私が頼んだ『メキシカンランチ』だけはスープはついているものの、サラダはついていませんでした。それは、下の方でメキシカンランチがどういう商品かを見ると納得するのではないかと思います。

テンダーロインステーキ(Mサイズ)

テンダーロインステーキMサイズ

アメリカっぽい豪快なステーキという印象です

さて、こちらが今回注文したテンダーロインステーキMサイズです。お値段は2,100円。今回注文した他の2品はいずれも1,000円以下だったので、金額で言うと全体の注文の半分くらいがこのステーキということになりますね。脂身が少なめのステーキなので、好き嫌いは分かれると思いますが、これがアメリカっぽいステーキなのかなという印象です。

ハンバーガーステーキ(Lサイズ)

ハンバーガーステーキLサイズ

うちの子供には大好評でした

そして、こちらがハンバーガーステーキ(Lサイズ)です。こちらは、子供ととりわけしようと思ったのでLサイズ(900円)を注文しています。Sサイズ(800円)とどれだけサイズの差があるか分かりませんが、これくらいの値段差であればLサイズを注文した方がお得であるように思えてしまいますよね。肉自体の味が非常に美味しいですし、ステーキと値段の差を考えると、個人的にはこちらの方がお得なのでは?と思いました。

メキシカンランチ

メキシカンランチ

タコスとチャーハンのセットメニューでした

最後に、こちらがメニュー名だけを見ると何の事かさっぱりわからない『メキシカンランチ』です。お値段は850円。上の画像を見るとわかると思いますが、メキシコらしいタコスが3つにフライライス(チャーハン?)がセットになっているメニューなんですよね。フライライスは要するにチャーハンに近いものだそうですが、このジャッキーステーキハウスのものはちょっとケチャップぽい味が特徴かなと思いました。

ジャッキーステーキハウス ここにあります

2017年2月沖縄旅行記 前後の記事

首里城正殿の観光、その他首里城有料エリア内で見つけた興味深いものをご紹介。(2017年2月沖縄旅行その11)

2017.03.12

国際通り散策。発送無料の罠や旧沖縄三越、有名な花笠食堂などをご紹介です。(2017年2月沖縄旅行その13)

2017.03.14

ABOUTこの記事をかいた人

普段は高配当株式・株主優待関係のブログをメインに更新していますが、当ブログでは、メインブログから独立した内容として、旅行記をご紹介することにしたいと思います。国内・海外問わず色々な所に飛んでいきますが、特に地元兵庫県エリアの子連れお出かけに力を入れたいと思います。