那覇空港のJAL側の売店で売っています。有名な沖縄風の富士家ぜんざいをいただきます。(2017年2月沖縄旅行その29)

富士家ぜんざいアイキャッチ画像

この記事は、2017年2月の子連れ沖縄旅行記の29回目の記事となります。前回の記事までは、個人的な興味から那覇空港国際線ターミナルをぶらぶらとしましたが、今回は国内線ターミナルに戻って来て手荷物検査を通過しました。あとは、大阪まで飛行機に乗るだけなのですが、その前にJAL側のターミナルの売店で販売している商品である『富士家ぜんざい』をいただくことにしたいと思います。




那覇空港国内線 ANA側からJAL側まで歩いて来ました

JALの売店までやってきました

空港内ではここでしか売っていないと思います。

さて、今回はANAの飛行機を利用しているのですが、沖縄から帰るまえにどうしても『富士家ぜんざい』が食べたくなったので、JAL側の売店『コーラルウェイ』まで歩いて来ました。那覇空港国内線ターミナルは意外に広いので、往復10分以上はかかってしまうのですが、それだけ歩いたとしても食べる価値のあるぜんざいだと思うんですよね。上にある通り、お値段は360円となっています。

コーラルウェイ マンゴーを使ったデザートも売っています

マンゴーを使ったデザート

さすがにぜんざいと同時には食べられませんよね。

さて、ちょっとした軽食も販売しているJAL側の売店『コーラルウェイ』ですが、中にはこんな感じで南国らしい『マンゴー』を使ったデザートも販売しています。『富士家ぜんざい』を食べないのであれば、こういう商品で休憩しても良かったのかもしれませんね。結構美味しそうに見えますよね。

富士家ぜんざいを買ってみました

富士家ぜんざいを買ってみました

写真マジックかもしれませんが、見るからに美味しそうです。

今回は、なくなく目当ての『富士家ぜんざい』だけを買ってANA側のターミナルに戻って来ました。早速、富士家ぜんざいを食べてみたいと思います。沖縄のぜんざいの特徴は、基本がかき氷でその上にぜんざいらしい具材が乗っているという所です。この写真だけだとかき氷っぽさはあまり感じられないと思いますので、食べている途中の画像をもう1枚撮影してみました。

富士家ぜんざい 食べている途中の画像

富士家ぜんざい食べかけ

この写真ならかき氷風というのが一目瞭然のではないかと思います。

こちらの写真であれば、沖縄のぜんざいがかき氷をベースにしているというのが一目瞭然ですね。この日は決して暑い日ではなかったので、正直な所寒いくらいでしたが、そういう気候であっても食べたくなるのが富士家ぜんざいです。夏の日であればますます美味しくなるんでしょうね。なお、那覇市内の本店は残念ながら行った事がないのですが、いつかは行ってみたいと思っています。

富士家ぜんざい 泊本店はここにあります

2017年2月沖縄旅行記 前後の記事

那覇空港国際線ターミナル散歩。キティちゃんのランドセル、礼拝室などをご紹介です。(2017年2月沖縄旅行その28)

2017.03.30

ANA766便 那覇空港=伊丹空港 子連れなので普通席で帰ります。(2017年2月沖縄旅行その30)

2017.04.01

ABOUTこの記事をかいた人

普段は高配当株式・株主優待関係のブログをメインに更新していますが、当ブログでは、メインブログから独立した内容として、旅行記をご紹介することにしたいと思います。国内・海外問わず色々な所に飛んでいきますが、特に地元兵庫県エリアの子連れお出かけに力を入れたいと思います。