ANA28便 伊丹空港=羽田空港(プレミアムクラス&株主優待運賃)を利用。機内のサービス、豪華な椅子などをご紹介です。

ANA28便ボーイング787

今回は、仕事の用事で2016年12月に東京に行った時のANA搭乗記をご紹介したいと思います。今回は、株主優待券を利用しまして、伊丹空港から羽田空港までANA28便のプレミアムクラスを利用して移動しています。

大阪発着の株主優待プレミアム運賃は損な事もあります
以前は株主優待券を利用して大阪=東京間のプレミアムクラスを利用するには価値があったのですが、最近は株主優待運賃が全体的に値上がりしており、便によっては3日前まで購入出来るプレミアム特割の運賃の方が安くなってしまっています。株主優待運賃の場合は、30分前でも予約出来るという点でまだまだ利点があると思いますが、私はそこまで忙しくないですからね。



ANA28便 羽田空港行きの搭乗タイムです

伊丹空港国内線ANAラウンジ、2つのラウンジの違い・設備・ドリンクなどをご紹介。

2017.02.28
ANA28便搭乗口

ANAラウンジ目の前の10番搭乗口です

さて、今回搭乗するANA28便は上の関連記事でもご紹介している伊丹空港国内線ANAラウンジの出口のちょうど向かい側にある10番搭乗口から出発です。伊丹空港のANAの搭乗口は9番と10番が非常に便利な場所にあるのですが、この2つの出口は1時間おきに出発する羽田空港行きの搭乗口に充てられている事がほとんどです。利用客も多いですし、妥当なところなんでしょうね。

ANA国内線 優先搭乗の解説

搭乗には優先順位があります

ダイヤモンド会員様が一番の優先と思いきや!?

  1. お手伝いの必要な方、2歳以下の小さい子連れの方
  2. ANAダイヤモンド会員
  3. ANAプラチナ会員、ANAスーパーフライヤーズ会員、スターアライアンスゴールド会員、プレミアムクラス搭乗者
  4. その他のお客様

さて、ANAの中では最上級の会員であるダイヤモンド会員。当然ながら、一般的なお客様の中で一番優先して搭乗する事が出来るので、こんな感じで列はダイヤモンド会員と他の上級会員に区別されています。ただ、車いすなどでお手伝いが必要な方や、2歳以下の小さい子供連れの方だと、ダイヤモンド会員に先駆けて搭乗することができるんですよね。せっかくの超優良顧客なのに、自分が子連れの時は先に搭乗できるとちょっと申し訳なく思ってしまいます。

ANA28便 プレミアムクラス 機内のサービスです

ANA763便 伊丹空港=那覇空港 ボーイング787の機内設備・機内サービスなどをご紹介します。(2017年2月沖縄旅行その2)

2017.02.28

さて、ANA28便はボーイング787という機材が使われています。この機材を使った便は先日、2017年2月の沖縄旅行記でも搭乗しましたので、この記事でカバーされていない部分は、そちらの搭乗記録も合わせてご確認いただければ幸いです。

ANA28便 高級クッキーとコーヒーをいただきます

コーヒーとお菓子のサービス

お昼ご飯を食べた直後で食べられませんでした

さて、ANAのプレミアムクラスといえば、記事のハイライトは機内食となるはずなのですが、実は今回搭乗した便は伊丹空港14:00出発のものでありまして、機内食ではなく茶菓をいただける時間帯となります。旅行ブログを執筆するのであれば、無理をしてでも食べるべきでしたが、この搭乗時は執筆の予定はなく、さらに昼食を食べた直後だったということもあり、今回は茶菓を断って代わりにレーマンのチョコレートクッキーとコーヒーだけいただきました。

このチョコレートクッキーは、正式名称はフォンダンビスキュイというものでありまして、なんとビックリな事に1枚当たり60円もするそれなりに高級なお菓子となっています。個人的にはかなりお勧めのお菓子ですので、興味のある方は上のリンク先の販売ページもご覧いただければと思います。

ANA28便 プレミアムクラスの座席

ボーイング787プレミアムクラス

良い椅子だとは思うのですが、この角度だとちょっと分かりにくい

さて、今回搭乗したANA28便、ボーイング787で使われている椅子はこちらになります。他のお客さんを画像に入れる訳にはいかないので、こんなわかりにくい椅子となってしまいました。また、元々ボーイング787便は初期の頃は国際線の機材が多く入っていた関係で、今でもたまに国際線ビジネスクラスの当たりボーイング787に遭遇することもあります。こちらはハズレの方ですが、それでもプレミアムクラスらしい椅子ではありますね。

ANA ボーイング787プレミアムクラスの座席 公式の解説から

ボーイング787椅子

こちらの画像はANAの公式ウェブサイトから引用

上の画像ではさすがにわかりにくいので、ANAの公式ページで掲載されている椅子の画像をみることにしたいと思います。右側の画像がリクライニングした時の画像になっていますね。本当であれば、もうちょっとリクライニングしてくれるとうれしい所なのですが、国内線だと大阪発着の場合長くても2時間くらいなので、これくらいで十分でしょうか。パーソナルライト、パソコン電源、USBポートも備え付けられているので、仕事をする方にとっても充実の設備ですよね。

ABOUTこの記事をかいた人

普段は高配当株式・株主優待関係のブログをメインに更新していますが、当ブログでは、メインブログから独立した内容として、旅行記をご紹介することにしたいと思います。国内・海外問わず色々な所に飛んでいきますが、特に地元兵庫県エリアの子連れお出かけに力を入れたいと思います。