沖縄の家庭料理が楽しめる名店。那覇空港1階の空港食堂でランチです。(2017年2月沖縄旅行その3)

空港食堂沖縄そば

この記事は、2017年2月の子連れ沖縄旅行記の3回目の記事となります。前回の記事ではANA763便に搭乗して伊丹空港から那覇空港まで移動しました。那覇空港に着いた時点では11時台で、そろそろちょっと早めのランチタイムにしても良いのかなという時間帯になりましたので、ここで那覇空港国内線ターミナル1階の左端にある名店、空港食堂を訪問することにしたいと思います。

一般の方でも堂々と利用できます
空港食堂は、那覇空港の端っこにあり、さらに空港職員と思われる方が多く利用している食堂なので、本当に一般人が利用して良いの?と不安になる方もいらっしゃると思うのですが、個人旅行客でも利用しても良い事になっていますので、堂々と食券を買って利用していただければと思います。



空港食堂 メニューはこんな感じです

空港食堂メニュー

沖縄らしい定食系から、職員さん向けの普通のメニューまで

空港食堂の入り口のところでメニューを撮影しました。沖縄の大衆食堂らしく、沖縄らしい定食系のメニューに、沖縄そば、それに職員さんは沖縄料理以外も食べる事が多いので、カレーライスにカツ丼といった一般的な料理もズラッとならんでいます。日替わりメニューも3つ準備されていますので、那覇空港で働くのでしたら毎日訪れても飽きる事はなさそうですね。

空港食堂、今回は以下のメニューをいただきました

ということで、空港食堂の入り口で食券を買って席につきます。空港食堂は分煙のお店ということになっているのですが、今回利用したランチタイムは全席禁煙となっているので、子連れでも安心して利用出来るお店ですね。

各種野球チームの旗が飾ってありました

野球チームのフラッグ

今回訪れた2月は野球のキャンプ期間中でした

今回沖縄を訪れたのは2017年2月のことでした。2月の沖縄といえば、有名なイベントの1つが野球のキャンプですよね。今回も、所々で野球関係者と見られる方に出会うことがありました。空港食堂の壁の上の方にもキャンプの方を歓迎してなのか、沖縄でキャンプを開催している野球チームの旗が飾ってありますね。

空港食堂 沖縄そば

空港食堂 沖縄そば

沖縄そば専門店にも劣らない味であるように思います

今回いただいた1品目は沖縄そばです。メインの具材は三枚肉の典型的な沖縄そばですね。お値段は540円でありまして、お肉のトッピングが豪華になるソーキそば(650円)とお値段が110円しか変わらないので、ここはソーキそばにしても良いのかなと思ったのですが、胃と相談して結局は沖縄そばにすることにしました。

空港食堂 フーチャンプルー

フーチャンプルー

こちらは沖縄らしい定食メニューですね

2品目にご紹介するのはフーチャンプルーです。チャンプルーといえば、沖縄の方言でごちゃまぜという意味でありまして、この系統の料理としてはゴーヤチャンプルーが有名なのではないかと思います。ただ、我が家の子供には沖縄のフが非常に人気でありまして、ゴーヤではなくフーチャンプルーをチョイスしました。

空港食堂 今日の日替わり てびち煮付け

てびち煮付け

こちらも沖縄県らしいメニューですね

そして、最後にご紹介するのはこの旅行の日の日替わりメニューだったてびちの煮付けです。味自体は非常に美味しいと思うのですが、量が多すぎるというのがやや難でしょうか。また、このメニューは時間がかかるものだったようで、他の2品が届いてからかなり経ってからテーブルに運ばれて来ました。商品毎に順番が前後すると最初から書いてありますので、空港食堂を訪れる際はその事を覚悟してお店に行くようにしたいですね。

那覇空港 空港食堂はここにあります

2017年2月沖縄旅行記 前後の記事

ANA763便 伊丹空港=那覇空港 ボーイング787の機内設備・機内サービスなどをご紹介します。(2017年2月沖縄旅行その2)

2017.02.28

那覇空港国内線ターミナルビル1階 授乳室でオムツ替えしました。(2017年2月沖縄旅行その4)

2017.03.03

ABOUTこの記事をかいた人

普段は高配当株式・株主優待関係のブログをメインに更新していますが、当ブログでは、メインブログから独立した内容として、旅行記をご紹介することにしたいと思います。国内・海外問わず色々な所に飛んでいきますが、特に地元兵庫県エリアの子連れお出かけに力を入れたいと思います。